「羽田空港」タグアーカイブ

ANA 鳥取空港→羽田空港NH1102便 A320【搭乗記】

地球一周旅の最終行程、鳥取から東京羽田へ。
本当は米子から飛べればベストだったんですが、金曜日なこともあり午後以降の便に特典航空券座席(マイル)の設定は無し。
境港から距離はありましたが、鳥取からならば適当な便があったので7500マイルにて購入。
初めてのマイルを使っての搭乗でした。
2017/2/25

搭乗ルート

搭乗したのはANA NH1202便、鳥取発14:55羽田着16:10。

前述のように、初めてのマイルを利用してのフライト。必要マイル数は7500マイルでした。
飛行ルートは以下の通り。

機材 A320-221(JA8946)

機材はA320。機齢は20年越え。

鳥取で撮影した機材の写真。

確かに座席には古ぼけた感もありましたが、それでも綺麗に機内外を保ってるのは流石日本だなと。

搭乗記(鳥取砂丘コナン空港(TTJ)〜羽田空港(HND))

搭乗記は、日本に到着した境港から。

境港にフェリーが思ったよりも早く到着、トントンと境港駅に出られたので9:30過ぎの列車に乗車。

10:15頃には米子駅に到着。

立ち食い蕎麦屋で鯖寿司を喰らい、10:49発の快速列車で空港行きのバスに乗車する倉吉駅へ。

倉吉にて、フェリーで一緒だったお姉さんに教えてもらった駅前のカフェ”cafe SOURCE”でランチ。しれっと大山鶏を食べられ満足。これで税込1186円は東京では考えられない安さ。

コーヒー付き。

そして13:05に倉吉駅を出るNH1202便の連絡バスに乗車。現金後払いで1200円。
「満員の場合ご乗車出来ません」と注意書きがありましたが、乗車率は6割ほどだったでしょうか。

「鳥取砂丘コナン空港」だけあり、バスの車体もコナン塗装。

45分ほど乗車し、13:55に鳥取砂丘コナン空港に到着。

たまたま米子から乗車した列車もコナンラッピングだったりと、青山剛昌の出身が鳥取ということで「コナン」を前面に押し出している鳥取県。
空港内にも、コナンをモチーフにしたあれやこれやが沢山ありました。

空港に入ってすぐに手荷物カウンターがあり、荷物預け。
出発時は8kgだったんですが、お土産やら本やら様々増えて16kgに。笑

荷物預けてコナン関係のあれこれを見て回ったあとは、展望デッキへ。
そして到着機をハンティング。

そもそも展望デッキが広くは無いんですが、なかなかの盛況ぶりでした。

そして手荷物検査を抜けて保安区域へ。

待つこと15分ほど、14:35頃搭乗開始。

座席プラン。

座席のイヤホンジャックは懐かしの2穴タイプ。

もちろん窓際。

14:55発でしたが14:51頃プッシュバック開始。

滑走路を通ってランウェイ28に。
当該機のランディングはランウェイ10だったんですが、この30分ほどで風向きが変わったようでした。

15:00にテイクオフ。

ランウェイが変わったおかげで、大きく右旋回。

そののち鳥取の街並みと鳥取砂丘を拝むことが出来ました。

15分弱で雲の上に。

機内サービスはスープを頂き、あっという間に降下開始。
15:45にシートベルトサイン点灯。

房総半島上空を通過し、34Lへとアプローチ。

陸自の飛行場。

海ほたる。

風の塔。

船の多い東京湾。

D滑走路からのテイクオフ機は残念ながら拝めず。

そして16:00にランディング。

空港西側をぐるっと回り込んで第2ターミナルへ。

沖にたくさん出来ていた乗降用ビル型タラップ。

16:10にはターミナルに到着。

降機。

到着ゾーンより。日本に帰ってきた感。

5分ほど歩くと既に預け荷物はコンベアを流れており、無事ピックアップ。

無事に羽田空港に到着です。

おわりに

久しぶりのANA便への搭乗。前回のANA搭乗は、搭乗記を付け始める前、2016年7月だったように思います。
記録を見てみると案外2年しか経ってなかったですが、すごく久しぶりな感じがしました。

ビジネス客の多い便でエコノミーだったこともあるんでしょうが、何となくサービスは平凡だった印象。
★5!と散々喧伝されているので期待値が上がっていたのかもしれませんが、案外国内エアラインの機内サービスって大したこと無いんだな、と。

それに、機齢20年超えの機材に乗るのも初めてだったような。

鳥取空港を使えたり機材が古かったりと航空ファンとしては面白かったですが、一ユーザーとしては、サービスにあっけらかんとした印象を抱いたフライトでした。

【搭乗記】エア・チャイナCA421便 北京国際空港→羽田空港/リスボン~羽田旅Part3/3 A321-231

リスボン→羽田の最終行程、北京国際空港→羽田空港!
エア・チャイナCA421便への搭乗です!
2017/3/25

搭乗ルート

搭乗したのは北京国際空港→羽田空港の中国国際航空、CA421便。
フランクフルト←→北京←→羽田の4フライトを、公式サイトで6万円で購入しました。
15:50(GMT+8)北京発20:05羽田着(GMT+9)の、3時間15分のフライト。
北京→羽田のルート
 

機材 A321-231(B-1876)

機材はA321-231(B-1876)。
A321-231
日本のエアラインは国内線でしか飛ばしてない(多分)A320シリーズですが、3,4時間のフライトでは結構国際線でも使われてます。
以前乗った羽田→マニラ(フィリピン)しかり、Part1のリスボン(ポルトガル)→フランクフルト(ドイツ)しかり。
座席は3×3で、モニター等は無し。
Air China B-1876 (Airbus A321 – MSN 6319) | Airfleets aviation
 

北京国際空港(PEK)

ひたすら待ち時間は睡眠に費やし、出発はE57ゲートから。
北京国際空港E57ゲート
ナショナルフラッグ中国国際航空の専用ターミナルだった訳ですが、まさかのバスでの乗り付け。
ローマでも同じような事がありましたが、スポットに余裕がないんですかね…?
搭乗予定時刻よりも早く案内が始まりましたが、バスが出たのは搭乗開始予定時刻の5分後ぐらいでした。
飛行機着。乗り込みます。
下から見上げたA321-231
 

搭乗記

飛行機に乗り込んでからは、かなりあっという間にドアクローズ、定刻の15:50に出発。
タキシングも思いの外短く、16:01頃にはテイクオフ。
途中ドリンク提供と機内食の提供がありました。フランクフルト→北京便の際と同様、クオリティーは…。
エア・チャイナ、北京羽田便の機内食
羽田へのランディングは房総半島を回っての34L。
スポットは国際線ターミナル一番端の141。
羽田141番スポット
到着便が重なっている時間でしたが、入国はスムーズに。ターンテーブルでは10分ほど待ちましたが、思ったよりもトータルでは早く抜けられました。
Welcome to TOKYO 2020の看板
心配でしたが、無事に荷物も受け取れました!!

 

羽田空港

特に書くこともないです。国際線ターミナル。
バイトをしていた関係で、結構お店の配置とかは頭に入ってます。
ということでワンフロア上がり、半年ぶりの、日本のセブンイレブンとマツキヨ。
花粉の薬と飲み物等を買い、車で都内へ。。
 

おわりに

遂に日本に到着!
3フライト23時間の長丁場でしたが、荷物のロストも無く、無事に到着しました。
Part2にも書きましたが、中国国際航空、安い割に特に悪い思いはしませんでした。
どうしても長距離便からの短距離便への乗り継ぎは疲れが出ますが、安さを考えれば言うことなしの出来でした。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。