「クロアチア」タグアーカイブ

クロアチアの首都ザグレブの観光名所をまるっと|地球一周旅記DAY45

一度行ってみたいと思っていたクロアチアに到着。本当はドゥブロヴニクだとか海沿いに行きたかったんですが、時間が無かったので首都ザグレブだけで妥協。

夜行列車で朝方到着し、街並を歩き休み歩きした一日です。
(2018/10/3)

起床〜ザグレブ到着

ザグレブ駅到着予定は8:30頃だったので、目覚ましは8:00前に掛けていましたが鳴る前に起床。

湖畔。

ぼーっとしていると駅に停車し、警察が乗り込んで来る。

どうやらスロベニアの入国審査らしくパスポートを渡すと、スタンプが2つ。入国分と出国分。
電車からも降りないのに全く意味ないだろうよ、と思いつつも特に問題無く20分ほど停車して列車は発車。若干の遅延。

すごい霧。

街が近づくと少しずつ霧も晴れ。

予定から遅れるほど15分ほどしてザグレブ駅に到着。

元々15両はあったと思われる列車ですが、切り離しに切り離しを重ね、気づけば1等、2等ベッド、2等座席の3両のみになっていました。

そこから宿へは徒歩で5分ほど。


流石にチェックインは無理だと思っていましたが部屋にも入れてくれ、荷物も全てロッカーに。

一休みして、街歩きへ。

ザグレブ街歩き

それほど見て回るところも多くないザグレブの旧市街。
ひとまず、宿から10分ほどの旧市街地へ向かって。


クロアチアっぽい落書きが銅像に。

旧市街地の入口に位置する広場。

マーケットが開かれていてなかなかの活気。

パン売りのおばあさんの像…?

そして最初の目的地、ザグレブ大聖堂に。

ザグレブ大聖堂

ザグレブ観光の目玉、ザグレブ大聖堂。
とても歴史のある建物らしく、たくさんの人が。

中へ。

荘厳、壮大以外の語彙が欲しい。。

明かりは入っているものの明るすぎるという事はなく、絶妙な塩梅。

再び街歩きに。

街歩き2

観光客相手に売る気があるのか分からない代表ユニフォームの選手チョイス。

マーケットはまだまだ盛況。


ロシアW杯のスコア表が飲み屋街の壁に残されていました。

壁絵。

誰も見ていない小さな信号機。

坂道を上ると次の観光名所に到着。

石の門

ネットで情報集めをしているときにも「これがなぜ観光名所…?」と思っていたんですが、やはり現地で抱いた印象は同じようなもの。

石の門と呼ばれる場所で、門の内側にはお祈りが出来る設備が備えられています。

敬虔なクリスチャンはここで跪いて祈りを捧げるんでしょうが、他信仰者からすれば、観光名所とはいうけれど写真も撮りづらいし…と少し困惑のスポットでした。

聖マルコ教会

石の門から真っ直ぐ坂を上ると右手に見えてくるのがこの聖マルコ教会。
おとぎ話チックな屋根が特徴的。

内部は思ったよりも狭く、明るく統一された簡素でありながら暖かみのある作り。


パイプオルガンの練習をしていたので、席に着いて少しぼーっと。

入場料は取られませんが、任意で寄付を。
10分もせずに退場。

失恋博物館

聖マルコ教会を出てまっすぐ進むと2分と経たずに左手に現れます。
失恋博物館。

パーソナルな別れにまつわる品(寄贈したい人がエピソードと共に自主寄贈)が展示されており、それにまつわるエピソードを楽しむ形の博物館。

日本語の全訳集を貸してもらえるので、内容の把握は極めて容易。

笑ってしまうような別れ話から結構シリアスな再会であったり、内容は様々。

「カップルでの訪問も問題なしです!」と書いているブログが幾らかありましたが、個人的には御免かなと。

もちろん笑って流せるような話もありますが、カップルで見たらリアクションに困るだろうなぁという展示も幾らかあったので。。

40分ほどじっくり見学して、昼食へ。

街歩き3

小高い丘から坂道を下ります。

丘からの見晴らしは、まあ、まあまあ…。

坂を下っていくと、ケーブルカーが。

確かに上りは少しきつそうなので、需要はありそうだなと。

今日はじめに辿り着いた旧市街の入口の広場に出て、昼食を物色。

昼食 BigFiveハンバーガー

お腹がとにかく空いていたのでマクドナルドでもいいかと思っていたところ、チェーンらしき見たことの無いハンバーガー店があったので入店。

いまいち現地通貨の価値観が掴めていなかったので、限定メニューをセットで。

美味しかったから良かったものの、後から計算したら800円越え。
クロアチアはそれほど物価が安く無いとは聞いていましたが、強く納得。

宿にて休憩

昼食後はいったん宿に戻り体勢を整えることに。
帰り際にdm(ドイツ系ドラッグストアチェーン)を見かけました。

そして宿に到着。2時間弱休憩。

クロアチア代表ユニフォーム購入

ここで旧市街地に向かったのはこれだけの理由。
代表のレプリカユニフォーム(公式)は日本でも購入できますが、質の低い偽物は現地でなければ購入出来ないので。

先に目をつけておいた市場裏のお店に。

モドリッチが好きなのでモドリッチのユニフォームは購入したく、あとはお土産にロブレン(リバプール)のユニフォームも購入。

ユーロでも購入できるとのことで、1枚100Kr or €13。
2枚で€25にならない?と持ちかけるとOK。少しですが値切りに成功しました。

レプリカと比べるとずいぶんダサいですが、10分の1近い値段なのでそこは割り切りを。

購入後は夕食を食べようかとも考えましたが、さすがに16:00では早すぎるので再び宿へ。

夕食 Purger(クロアチア料理)

ケバブでも食べようかと外へ出ましたが、ざっくり差額1000円で、現地のものを食べられるならばそちらにしようと方針転換。

ネットで少し調べてあったので、評価の高かったお店に。

日本人が多いらしく、なぜか外務省の出してる漫画を満面の笑みで渡される。

メイン料理だけ頼めばいいやと注文すると、メインのお皿以外には何も付かないから別に注文する必要があると。
「じゃあパンかなんか貰えますか?」と頼むと、「スパゲッティなんてどうかしら?」と勧められたのでスパゲッティを注文。

で、出てきたのがこれ。

こんな量1人で食い切れるわけが無いでしょうに、なんでスパゲッティなんか勧めて来たんだw

メイン料理もスパゲッティも脂っぽく当然のように食べ切れず、なんだが面映ゆく感じつつ会計を。

カードで支払った後にレシートに商品が4点入っている事に気づき、これは何?と聞くと「パンだ」と。
「あんたがスパゲッティ勧めてきて注文したのに、それに加えてパンまで食うわけないだろwそもそもパン、出てきてもないしw」と優しい口調で伝えると、「わかったわ」と現金にて4Kr返金。食べ切れなかったスパゲッティは18Kr。パンで十分だったのに、なんだか、してやられたって感じ。

あまりいい気分はしないままにお店をあとに。

なかなか飲食店で変な経験をする事ってないので、騙されかけたのやら何なのやら分かりませんが、まあ、気持ちを切り替えて、「いい経験ができた」とします。

宿

宿に戻りブログ書き。

DAZNでサッカー中継が見られそうだったので、21:00からはリバプールのCLを観戦。
試合の内容に落胆しつつ、23:00過ぎに就寝しました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

行程詳細

7:30 起床
8:00 スロベニア入出国審査
8:45 ザグレブ駅到着
9:00 宿着
9:50 街散策へ
10:10 ザグレブ大聖堂
10:55 石の門
11:00 聖マルコ教会
11:10 失恋博物館
12:10 昼食@バーガーチェーン(45Kr)
13:15 宿
15:20 街歩きへ
15:45 クロアチア代表ユニフォーム購入(€25)
16:15 宿
18:00 夕食へ
18:10 夕食@Purger(クロアチア料理店 80Kr)
19:00 宿
21:00 DAZNにてCL観戦
23:30 就寝