「オーストリア」タグアーカイブ

地球を/自然を満喫した一日@オーストリア・インスブルック|地球一周旅記DAY47

朝4:30にインスブルック駅に到着し就寝は23:30と、アクティビティの多さもあり19時間フル回転だった一日。
街並み散策や教会見学等はしませんでしたが、ロープウェイにて二つの山に登り、その合間には動物園にも立ち寄り、たっぷりと自然を満喫出来ました。
(2018/10/5)

インスブルック到着〜宿へ

夜行列車にてインスブルックに到着。到着はam4:45でしたが、眠りがそもそも浅かったせいか比較的スッキリと起床。

閑散とする駅構内。

バスまで時間があったので椅子に座り、30分ほど。

バス乗り場に行くと、4123番と、僕が乗りたかった4125番とニアミスした番号のバスが。

出発時間も目的地もあってるけれど、一応不安なのでバスの運転手にこのバスであっているか尋ねる。

すると突然の激昂「時間が無いんだよ!時間が!いいから早く乗れ!!ほら!!」。

いやいや、念のため聞いてるだけなんですけど。。
と思いスマホを見せるも、何かを記入していて全く見向きもしてくれない。

時間が無いと言いながら運転手は一度降車し、コーヒーを購入して戻ってきました。

もう一度尋ねるも、「違う!!!このバスじゃ無い!!前のに乗れ!!(そもそも前にバスは居ない)」とまた、唾を吹っかけるような勢いでまくし立てられ辟易。

「まあ、時間も目的地も一緒だし、この運転手の言ってることは信用できないや」という事でそのまま乗車。

無事に宿近くのバス停には着きましたが、橋が工事中で歩道が無い。

朝5時台から随分痛い目に遭いつつ、6:00頃宿に到着。

もちろんチェックインは出来ないので荷物だけ置き、しばらく休憩。

お腹が減って居いて、朝食が食べられる場所を探すのも面倒だったので€6でホステルにて朝食ビュッフェを。

インスブルック観光

朝食後も少し休んだら、インスブルック観光へ。

インスブルックに関する情報はほとんど持っていなかったんですが、朝の時間を使って検索。

インスブルックカードという観光カードを購入すると良さそうだったので宿にて購入。

まずは一番の観光名所Nordketteに。

Nordkette

インスブルックの街並みを一望できるNordkette。
一望と言ってもタワーや展望塔では無く、山の上から。標高は2000m以上。

バスに乗って旧市街に出て、徒歩でケーブルカー乗り場へ。

遠くに見える小さな小屋が、恐らく最終到達点。

到着。


頂上までは、ケーブルカー、ロープウェイ、ロープウェイと乗り継ぎます。

ケーブルカーに揺られること10分ほどで、ロープウェイへの乗り換えポイントに到着。

ここからでも十分過ぎるくらい良い眺め。

ロープウェイはぎゅうぎゅう詰めで、5分強ぐらい。

到着。

とても綺麗!

放し飼いのヤギ(ヒツジ?)が沢山。


スキー場によくある、子ども用リフト。
夏場はそのまま放置。

カフェテラスもありました。

冬のマップと夏のマップ。

そしてここからさらに上へ。

山肌が岩に。

ここまでも十分綺麗な景色でしたが、これは絶景!!

少し登れそうだったので、散策。


スケールが大きすぎて距離感がおかしな感じに。


街からは見えない山の裏側。
地球に吸い込まれそうな感覚。

頂上(多分)。


頂上を遠くから。

かつてこの山も海の底だったんだ、という説明が。

丘から下る。

カフェがあったので一服を!

1時間半以上滞在し、ようやく下山。

山登りをした経験がほとんどなかったので、こんなに気持ちのいいものだとは思っていませんでした。

この長い旅のハイライトになりそうな体験でした。

ロープウェイとケーブルカーにて動物園へ。

アルペン動物園

インスブルックカードで無料で入れるのと、ケーブルカーの途中にあってアクセスが容易なことからアクセスを決めたアルペン動物園(“Alpenzom”)。

山から旧市街へと下るケーブルカーを途中で降車。


傾斜によって角度の変わるケーブルカー。ハイテク。

駅から見えた可愛らしい一軒家。

動物園まで、人間は4分。

小川が。

動物園に到着。

動物園には1時間ほど滞在しました。
写真にてさーっと。

カエル。

日本ではなかなか見られなそうな、ヤゴの展示。

天然光を上手く使った水族館の展示。

サケ。

魚ごとに餌がわかるパネル。

カワウソですが、

住まいが広いので所在不明。

鳥の展示がとにかく多い。

オオヤマネコ。

牛。


近い。

餌をあげる少年たち。

最後に見たクマが愛くるしかったです。

これにて動物園終了。
坂道が多くて辛かったの以外文句は無し。とても楽しめました!

Patscherkofel

この日は自然を徹底的に味わおうと決めていたので、朝登ったNordketteとは逆の南の山、Patscherkofelへ。

下りロープウェイの最終が17:00という事で時間はあまりありませんでしたが、ともかくもトライ。

まずはケーブルカーで旧市街へ。

そしてJのバスに乗りロープウェイ乗り場へ。

25分ほどで到着。この時点で下り最終の17:00まで1時間弱の16:05。

遠くにはNordketteが微かに見えます。

Nordkettebahnは30人ほど乗れるロープウェイでのまとめて輸送でしたが、こちらは小さなゴンドラでの大量輸送方式。


針葉樹林。

到着、かと思いきや、さらに高くへ。


スキーシーズンに向け、降雪機も準備万端。

到着。

街はNordketteからの眺めに比べてかなり遠くその点では劣りますが、それでも標高は2000m越え。素晴らしい眺望。

Nordketteは観光地感が強かったですが、こちらはスキーリゾートの色がより濃く、よりハイキング向きの場所のようでした。

頂上までは、ロープウェイの終着から片道50分とのこと。

自分としては楽しめましたが、観光に来ただけならばNordketteで十分かな、といった印象でした。

30分弱滞在し、下山。

田舎をゆくバス。

旧市街歩き&夕食ケバブ

旧市街に戻ったのが17:30頃。
全く街歩きをしていなかったので、少しだけ散策。

のびのびした感じがありつつ、綺麗な街並みもあり、新しい街並みもあり。

イン川。

街中で見つけたケバブ店にでドゥナー・ボックスを。

グリューワインにつられて入ったんですが、スタートは次の週からでした。

食事があまりにも偏っていたので、dmで100%ジュースを購入しビタミン補給に。

バスに乗り、

18:00頃ホステルに。チェックイン。

夜 イタリア人マルコとの出会いat宿

チェックインして部屋に入ると、坊主頭にちょび髭(濃い)、身長185cmはありそうないかつい青年が。
しかも僕の番号のベットを占有している。

「これは今晩難所か…?」
と覚悟を決めると、
「他は全部空いてるよ。昨日は一人だったし、一昨日までももう一人青年が泊まってただけだったんだ」
とご丁寧に。

お互い適当な感じに自己紹介は済ませ、ポケモンGOをやってるから、あとで「フレンド」になろうという話をし、いったんシャワーやらロビーでネットやらを。

部屋に戻り、テザリングをして貰ってポケモン「フレンド」に。
ポケモン交換を試したりして、その後は色んなお話を。

彼の名前はマルコ。イタリア人。25歳(には見えない)。
インスブルックでウエイターをしていると言うので「出稼ぎ?訳あり?」とも考えましたが、理由はもっとポジティブなもの。

彼はインスブルックで大学生になることを決め、今はアパート探しをしていると。
なぜ25歳かといえば、高校を出て直ぐに大学には入りたくなかったので、ワーキングホリデーでオーストラリア、エジプト、テネリフェ(スペイン)を渡り歩き、旅行をしていたんだと。

「それってイタリアでは普通なの?」と聞くと、「そんな事はない」とも。

「日本に行くのは棺桶リストの一つで、行くならば数週間じゃなく1年とか住み着いて生活を経験したいんだ」と言っていて、本当にこれは来そうだなと笑

彼の口ぶりからして大学でコンピューターサイエンスを学び、手に職つけて日本に来たいようでした。

その後も漫画の話やら日本語の話やら「イタリアの若者は〜」やら。

彼は仕事で朝早いとのことだったので先に眠り、僕は少しブログを書いてから23:30頃就寝しました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

行程詳細

4:45 インスブルック中央駅着
5:35 バス乗車
6:00 宿 Jubend Herberge(€26 ×1泊)
8:00 朝食@ホステル(€6)
9:45 宿出発(インスブルックカード購入 €43)
10:25 ケーブルカー(Nordkettenbahnen)
10:40 ロープウェイ
11:10 ロープウェイ2
11:15 頂上(Hafelekar)到着 散策
12:15 コーヒー(€2.8)
13:00 下山開始
13:55 Alpenzoo(動物園)
15:00 退園
15:15 ケーブルカー乗車
15:40 バス乗車
16:05 Patscherkofelbahn乗り場着
16:25 Patscherkffel(頂上)着
16:50 帰路
17:05 下山・バス乗車
17:45 夕食@ケバブ店in旧市街地(€5.5)
18:05 買い物@dm(100%野菜ジュース等 €3.2)
18:25 宿着
23:30 就寝

オーストリアからドイツへと移動<年末年始ヨーロッパ周遊の旅Day13>

〜13日目 Salzburg/ザルツブルク(オーストリア)・移動(Salzburg/ザルツブルク→München/ミュンヘン→Heidelberg/ハイデルベルク(ドイツ)) 2016/1/3〜

この日は朝からハイデルベルクの街中を歩き回り雪景色を撮影。
昼前の列車でミュンヘンに向かい、ラーメンを昼食に。
その後は最終目的地ハイデルベルクへと向かいました。

ザルツブルク街中散策

前日夕方から雪が降ったので、雪化粧を見る為朝イチでチェックアウトして、街中を奔走。
オーストリアの田舎の雪化粧
初めに城へ上るケーブルカーへと向かったものの、営業は9:00からとのことだったので、先に別の丘へと昇るエレベーターへ。
ザルツブルクカードでタダ乗り。
エレベーターから降りると、こんな景色が。
雪のザルツブルク

前日もここには来たんですが、全く違う景色。
その周りを、雲の動きを見ながらうろちょろ。。
雪の積もったザルツブルクの展望台
雪のザルツブルク城
雪と足
ザルツブルクの街並みを眺めるカップル
ザルツブルクの写真を撮る男性
30分ほど滞在したら、そのまま徒歩でホーエンザルツブルク城へ。
雪の階段
雪の山道の階段
どれぐらい掛かるかな〜と思いつつ、ひたすら登る。
雪が積もったザルツブルクの坂道
雪の中佇む黒い犬
中腹からはケーブルカーを見上げたり。
ザルツブルク城へと上るケーブルカー

結構最後の方はキツかったですが、どうにか登頂。所要時間は20分強。

場内への入場も、ザルツブルクカードで。
場内は既に見て回ってたので、適当に雪景色を。
ザルツブルク場内の坂道
雪が積もったザルツブルク場内の広場
下りはケーブルカーで。
街中を通り、徒歩で荷物を預けている宿へと。
雪のザルツブルク城を街中から
馬車をひく馬

写真が撮れそうな川沿いを抜けたら、あとはバスで駅まで。
バスの車内
ザルツブルク終了です。

 

《移動》Salzburg/ザルツブルク→München/ミュンヘン

当日の最終目的地はドイツのハイデルベルクでしたが、途中経過地のミュンヘンに立ち寄り。
12:00にザルツブルクを出るECに乗り、ミュンヘン中央駅到着13:41の1時間半の旅。
ザルツブルク中央駅のホーム

 

München/ミュンヘン(ラーメン・St.Michael’s Church)

ミュンヘンは去年の9月に一度来たので、その時の記憶を頼りに目的地へ。。
まずは中央駅で荷物をロッカーに預け、EU Railpassの適用範囲内なので、S-Bahnでミュンヘンの中心部、’Malienplatz’駅へ。
目的地は日本食店、’SHOYA am platz’。
友達から、「ミュンヘンでラーメン食べるならSHOYAかな〜」と言われたので、素直に。
ラーメンについては別記事をご覧下さい。
ミュンヘンSHOYAのラーメン
ラーメン丼ぶり

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ラーメンを食べたあとは、徒歩でミュンヘン中央駅へ。所要時間は20分弱。
途中、’St. Michael’s Church’に。

ミュンヘン、ミカエル教会の外観
ドイツ渡航1ヶ月ほどで訪れたこの教会には心底感動したんですが、この3ヶ月でどう印象が変わったか…
いい!
教会の内装
ただ、雰囲気はやっぱり好きなんですけど、初めて来た時に感じた豪華さはもうありませんでした。
この3ヶ月で、豪華で立派な教会を随分見て来てしまったので。笑
その後は直接ミュンヘン中央駅に。

 

《移動》München/ミュンヘン→Salzburg/ザルツブルク

ミュンヘン中央駅からは、15:47発のECで。
ハイデルベルク行きの特急
ハイデルベルク中央駅には18:44着。
ハイデルベルク中央駅からは、徒歩で宿へ!!

 

《宿》 DJH Jugendherberge Heidelberg International

相変わらずのユースホステル。
中央駅からは1km弱。
バスやらトラムやら調べるのも面倒なので歩いてしまえと。
暗い道でしたが、大学の敷地内を突っ切る形だったので、少し安心感が。
徒歩で20分強。
到着。
ハイデルベルクのユースホステル
チェックインをして、部屋へ。
部屋は6人部屋。
水道が2個あったり、家庭用食卓テーブルがあったりと、部屋は広め。利用者は3人でした。
Wi-Fiはロビーのみ。
ビールをバーで購入して飲み(2.5€=¥300)つつネットサーフィンをし、その後就寝。
ハイデルベルクの地ビール
ドミトリーを利用し始めて以来初めて、同室者のあまりのイビキのうるささに睡眠を妨げられました。
本当に酷かったので、am1:30、フロントまで行って0.5€(¥60)で耳栓を購入。その後はぐっすり眠れました。笑
13日目終了。翌日はハイデルベルク観光です!

 

おわりに

一晩で信じられないほど景色の変わったハイデルベルク。本当に良いタイミングでした。
そして、この日はラーメンを含めた移動って感じで、特に書くことも無し。笑
3ヶ月ぶりにミュンヘンを訪れたわけですが、メインストリートの活気は、この3ヶ月で訪れたどの都市にも負けないものでした。(ロンドンには負ける)
あとは、ドイツでは美味しいラーメンが食べられて素晴らしいなと改めて。
ただ、どのラーメンも一杯最低でも10€の高価格設定なので、博多風龍みたいな、ファストフード感覚で食べられるラーメン店を出したら流行るだろうな〜というのも感じました。
ヨーロッパ、どの都市も、安くご飯を食べようとすると、マクドナルド、サブウェイ、バーキン、デュナーケバブぐらいしか選択肢がないので。
ラーメン好きとは言え、ヨーロッパで店を構える勇気は到底無いですが。笑

では、最後までご覧頂きありがとうございました。
翌日はハイデルベルクを観光です。

城と音楽だけじゃない・ザルツブルク(オーストリア)<年末年始ヨーロッパ周遊の旅Day12>

~12日目 Salzburg/ザルツブルク(オーストリア) 2017/1/2~

ザルツブルク2日目のこの日は、Mozarts Geburtshaus/モーツァルトの生家、Mozart-Wohnhaus/モーツァルトの家、Mirabellgarten/ミラベル庭園、ホーエンザルツブルク城博物館、Haus der Nature Zaltsburg/ザルツブルク自然科学館と巡回。
その後は中央駅近くに出てケバブを夕飯に食べ、雪が降ってきたので中心街を散策。宿へと戻りました。

《宿》 Aigner Straße34

まずは朝食。同部屋だっった韓国人の青年と。
ホステルの朝食
その後、前日泊まったホステルから、中心街を通って本日のお宿へ移動。
ユースホステル。1泊朝食込み29.95€(1€=¥120→¥3594[以下同一レート])。
街の中心からは、7番のバスで10分ほど。
バスは10分毎に走っていて、ザルツブルクカードで無料で乗り降り出来るので便利。
この日は宿泊客が少なかったようで、ドミトリーではあったんですが、4人部屋を一人で独占。
2段ベッド1台とフラットベッド2台。
ザルツブルクのユースホステル、室内
机があったり、部屋に鍵付きロッカーが無かったりと、ドミトリーという雰囲気では無い室内。
一人だったから良かったものの、ここに見ず知らずの人々と4人で共生は少し嫌だな〜という感じ。
部屋ごとに付いている水洗も含めて、とても綺麗でした。
受付のおばちゃんが優しかったり雰囲気は良かったので、4人部屋として使うなら是非また宿泊したいです。
Wi-Fiは有料で、料金はこんな。
ユースホステルの有料Wi-Fi
持ち時間から接続していた分だけ時間が減っていく形式なので、2時間分だけ購入しましたが、翌日まで使うことができました。

 

Mozarts Geburtshaus/モーツァルトの生家

モーツァルト生誕の地ザルツブルク。
街中には、生家と、引越し後に居住していた住居の二件があります。
まずは、旧市街のど真ん中に位置する生家を。
レストランなどが並ぶ、メイン通りの一画に平然と建ってます。
モーツァルトハウスの建物
ザルツブルクカードを使っての無料入場だったので、入場料は不明。
アプリをダウンロードすると音声ガイドを手に入れられたようですが、博物館のWi-Fiが弱かったので取得できず。。
館内撮影も不可だったので写真も撮れず。
自画像、譜面、手紙など、当たり障りのない展示があります。
あとは、モーツァルトの生い立ち、どこを公演旅行したのかなどの展示もありました。
当時モーツァルトが所有していたと思しき形式の家具を用いて、当時の部屋を再現した展示なども。
滞在時間は30分強。

 

Mozart-Wohnhouse/モーツァルトの家

生家からは徒歩5分。

モーツァルトが成長するにつれて生家は手狭になり、こちらの住居に越したとのこと。
こちらは入場時に音声ガイドを無料で借りられます。日本語あり。
モーツァルトの生家入口
生家に比べると中は広く、楽器や娯楽道具の展示などもあります。
こちらも写真撮影は禁止。
30分強の滞在時間。
どちらの家も、家を展示したいのか博物館化したいのかがよく分からず、いまいち印象には残りませんでした。笑

 

Mirabellgarten/ミラベル庭園

Mozart-Wohnhaus/モーツァルトの家から徒歩2分。ミラベル庭園。入場は無料です。
こちらも、時期が時期だけに寒々しく、ガイドに載っているような、華々しい様子は伺えませんでした。

凍ってしまった庭園の噴水
ただ、ホーエンザルツブルク城に向かっている造りは、建城(造園)当時の様子を思わせて趣深かったです。
ザルツブルクの庭園
10分程度で退散。

 

昼食 Altes Bäckerei

昼食どうしようかなーと思いながらも、まあ最悪食べなくても良いかーなんて考えながら適当に街を歩いていると、怪しいパン屋さんが。

鉄扉。

パン屋さん外装

次々に人は吸い込まれていくので、ひとまず入ってみようと中へ。
店内。
パン屋さん内部
皆さん、ファストフードのような感覚でパンを頬張っていらっしゃる。
列に並んで買ってみることに。
なんと1€(¥120)。
ザルツブルクのパン屋さん
ぶどうパン。
ぶどうパン
ふかふかで、めちゃめちゃ美味しい。
ぶどうパン
1つ平らげ、2つ目。
もう1つ食べても良かったんですが、何となく小恥ずかしかったので2つでストップ。
ともかくも、とても美味しかったです。おすすめ。

 

ホーエンザルツブルク城博物館

ザルツブルク城内にある博物館。
前日お城に入った時には見て回ることなく閉館してしまっていたので、改めて。
詳しくは前日の記事を。

 

Haus der Natur Salzburg/ザルツブルク自然科学博物館

博物館を見終わって、城から下って15:00前。
どこで時間を潰そうか〜と思っていたんですが、ザルツブルクカードで入場無料の、この博物館がなかなか評判良さげだったのを思い出したので。

どんな様子なのかは全く調べずに行ったんですが、これが、想像を遥かに超えるクオリティーの高さと展示量。
全体的に子供が多く、教育施設的な面も大きそうでしたが、展示内容は大人でも面白いようなものばかり。
まずはGF。
恐竜の展示。
ザルツブルク自然博物館、恐竜コーナー
ああー、こういう感じの展示が続くんだなーと思ったら、続いては、自然科学全般展示の一部とは思えない、クオリティーの高い水族館。
水族館内のマップ
水槽
日本の水族館には無いような、生息地や水温、生態についての解説もこと細かに書いてありました。

魚の生態についての説明
日本の水族館も、ただ見せるだけじゃなくて、それぞれこういう説明も付ければ良いのにな〜と思った次第。

日本の水族館にはあまり無さそうな、珊瑚の展示コーナーもありました。

サンゴの展示
ザルツブルク自然博物館のサンゴの展示
この内陸オーストリアはザルツブルクで、こんな展示に出会えるとは思ってませんでした。